美容整形は信頼できる医師に任せよう|失敗しないための美容外科選び

婦人

美容皮膚科と皮膚科の違い

ドクター

最近、テレビなどで「美容皮膚科」という言葉をよく耳にすることがあると思います。しかし世の中には皮膚科という診療科も存在しています。美容皮膚科とはどういう治療を行なうところなのか、皮膚科と何が違うのか説明したいと思います。まず、みなさんもよくご存じの皮膚科ですが、ここではニキビや水虫・湿疹などの肌の病気の治療をしたり、イボやホクロなどの皮膚の疾患の治療をしたりするところです。一方、美容皮膚科では肌トラブルを改善しながら綺麗な肌を手に入れるための専門的な治療をするところです。例えば、ニキビの治療となった場合はニキビ跡や赤みが目立たないように治療します。そうすることで、以前の肌よりも美しい肌を手に入れることができるのです。皮膚科と美容皮膚科の違いはもう一つあります。それは治療費です。皮膚科での治療は保険が適用されるので、治療費はそんなに高くありません。しかし美容皮膚科の場合、保険が適用される治療もありますがほとんどは保険適用外の治療になるので、治療費は全額自己負担になります。

美容皮膚科で行なわれる主な施術は、ヒアルロン酸注入やボトックス注射によるシワの解消やメスを使わないリフトアップ治療、シミやたるみなどをレーザー照射により改善する若返り治療など様々です。顔に現れるシミやシワなどの加齢によるコンプレックスは簡単に隠せるものではありません。美容皮膚科ではそういった悩みを改善し、明るい未来を切り開くためのサポートをしてくれるのです。